医薬品シーズをいち早く製品に―― 株式会社ティムス

株式会社ティムス

>> ENGLISH

R&D

 

Research & Development

 

研究開発概要:ティムスのプラットホームテクノロジー

 

 ティムスでは、東京農工大学との共同研究を中心に研究開発を進めています。東京農工大学で行われている研究の成果に基づく独創的探索テーマとスクリーニングシステム、ならびに2000株以上の微生物ライブラリーをプラットホームテクノロジーとして、ユニークな医薬品シーズを探索しています。
 これまでに、凝固線溶系に作用する生理活性物質を中心に研究を行い、数々の化合物や酵素を発見してきました。
 線溶系は、心筋梗塞、脳梗塞やエコノミークラス症候群等の原因となる血栓の溶解に関与している重要な生理機能ですが、その他にも局所の細胞外タンパク分解にも深く関わっています。我々はこの機能に着目し、線溶系を制御する化合物を血栓溶解薬のみならず、慢性疾患治療薬、代謝性疾患改善薬、がんの血管新生阻害薬さらに皮膚損傷治癒促進薬として臨床応用することを検討しています。また、シーズの特性に応じて医薬品以外にもアンチエイジング化粧品原料への開発も行っております。

 
 
 
 
Copyright (C) 2008 TMS All Rights Reserved.